美容外科で行う頬のたるみ治療

subpage01

加齢に伴い、顔は徐々にたるんでいきます。


特に目だつのがブルドッグのように垂れ下がってしまう頬のたるみ。フェイスラインの崩れにつながり、一気に老けた印象になってしまいます。加齢による頬のたるみの原因は、加齢により肌の弾力が失われることと、表情筋の衰えです自分でできる対策は、化粧品によるケアや表情筋トレーニングなどです。
しかし、これらのセルフケアは効果を実感するまでに時間がかかります。



今すぐ何とかしたい、という人は美容外科での治療を検討してもても良いでしょう。

美容外科でできる頬のたるみ治療には様々な方法があります。
手術の中で代表的なのはリフトアップ手術です。
耳の周りを目立たないよう切開して、広頸筋を引き上げます。すると皮膚も引き上げるので、余った皮膚を切除して縫合する手術です。

メスを使わないたるみ治療としてはレーザー治療、サーマクール、ボトックス注入やヒアルロン酸注入があります。
レーザー治療ではレーザーを照射することでコラーゲンを増幅させ、頬や顔のたるみを改善します。

サーマクールは皮膚深部から皮下脂肪、脂肪層にいたるまで熱刺激を与えるマシンを使用し、コラーゲン生成を促し、たるみが改善されます。



ボトックス注入はボツリヌス菌から抽出したたんぱく質を頬に注入することで表情筋の動きを麻痺させ、しわやたるみを起こしにくくする治療法です。
ヒアルロン酸注入は、たるみが目立つ所に直接注入し、たるみを目立たなくします。

これら美容外科で行うたるみ治療は一度の金額は高いですが、一度の治療で頬のたるみが劇的に改善し、持続期間も約1年~半永久的に続くものもあります。


コストパフォーマンスとしてみれば美容外科で行うたるみ治療は決して高いものではありません。


ただし、医療行為だと言うことを頭に置き、美容外科を選ぶ際は料金で比較するのではなく、じっくりと名医を選ぶことが大切です。